プロフィール

藤宮やひろ

Author:藤宮やひろ
初めまして。藤宮やひろといいます。
ツインテールとおっぱいが好きなしがない絵描きでございます。
ただいま、同人商業等、絵に関するお仕事を募集しております。

こちらのメールアドレスまでご連絡お願いいたします。

【yhrtwnt1966☆yahoo.co.jp】
☆の部分は@に変えてお使いください






最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ミスチル~LIVEレポ②



曲の数は27曲でした。ほぼ例年通りの数ですね。
今回のアルバム「REFLECTION」からは「Melody」以外の曲がすべて披露されました。
USBからは「運命」、「I Can Make It」、「I wanna be there」が披露されました。

そして何と言っても長い間ファンをしてる方からしたら1番驚いたであろう選曲、

「CHILDREN`S WORLD」!!!

1992年5月10日にリリースされたデビューアルバム「Everything」からまさかのこの曲。



ひとまずそれぞれの曲の様子をまとめたので
順を追って簡潔に解説していきます。
(記憶が曖昧なので間違いも多々あると思いますが気楽に読んで頂けたら)


201507262041113b8.jpg 座席はアリーナでほとんど後ろの方でした。


01.OPENING

画面に映る1枚の羽に対し

「これは鳥から抜け落ちたただの羽か」それとも「飛行中に撃ち落とされ死んだ鳥の羽か」
どちらにしても全てはあなたの想像に任せる。

映像はLIVEではお馴染みのアニメーションで、英語のナレーションに日本語の字幕が流れるという
今までにないパターンのOPでした。
銃の音やその他の効果音がど迫力で凄かった。

この後二人の男の子と女の子が大きな鳥から逃げるシーン。
お互い手を繋いで逃げるも男の子は鳥かごに捕らわれ女の子は鳥に連れ去られる。
映像は3分~5分。もうこの時点でwktkが最高潮。



02.未完

アルバム「REFLECTION」から。

扉へ向かう映像。そしてステージ上にはミスチルのメンバーが!あとサポートのkey.サニーさん!
待ちに待った桜井さんの声!アリーナ、スタンドから地響きのような歓声。
OPの映像が「未完」の歌詞とシンクロしていて鳥肌。
個人的に1発目は「未完」か「Starting Over」だろうと予想してたので的中したことが嬉しかった(どうでもいい



03.擬態

アルバム「SENSE」から。

後奏は桜井さんに合わせていつものあの掛け声。



04.ニシエヒガシエ

アルバム「DISCOVERY」から。

「擬態」が終わるとマイクはなぜかJEN(Dr)に(笑)
JENのカウントと共にニシエヒガシエのイントロ。やっぱりこの曲はイントロでの歓声が凄い。
花火が打ち上がってテンションが暴れる。
今までのニシエヒガシエとは違った楽しい雰囲気での曲の入り方だった(笑)
ただ演奏はいつも通りど派手。


05.光の射す方へ

アルバム「DISCOVERY」から。

「夏休みのある小学校時代に帰りたい」
ここの歌詞の桜井さんの裏声ほんと好き。
裏声で歌わないときのが多いから裏声で歌ってくれて嬉しかった。笑



06.「CHILDREN`S WORLD」

アルバム「Everything」から。

おそらく会場にいる5万人の誰もが予想してなかったであろう曲。
MCで桜井さんが、

「初めてスタジアムツアーをした時、客席の方が水平線のように広く感じられた。でも今はそうは見えない。僕らがビッグになったからです!!!笑」

と言うトークで会場を笑わせます!w
歌詞にある、「何か大きな事をしでかしたくてウズウズしている」
水平線のように広く感じた客席が小さく見える程ミスチルは大きくなったんだなーと感じた。
インディーズ時代に作られた曲が23年の時を経て披露される。
何て言ったらいいのやら・・・。とにかく凄い。次元が違うね。これは貴重過ぎて自慢できる。



07.運命

アルバム「REFLECTION」のUSBから。

正直言って今回のアルバムの中で3本の指に入るくらい好きな曲。
桜井さんが書くこういう青い感じの歌詞が大好きなんです。
夏をテーマにしたカルピスのCMソングで丁度高校生くらいの男女がイチャイチャしてた。リア充爆発。



08.FIGHT CLUB

アルバム「REFLECTION」から。

聴きながら絵を描いてると必ず2番のサビの部分を口ずさんでた。(意味は特にない



09.斜陽

アルバム「REFLECTION」から。

JENのドラムが心地良い・・・。



10.I Can Make It

アルバム「REFLECTION」のUSBから。

疲れてる時に聴くと聴き入れる曲だと思う。
前回の「REFLECTION Tour」から引き続きの選曲。なんでアルバムに入らなかったと思わんばかりの名曲。

ここからメンバーは観衆に少しでも近付こうとステージから花道へ。

→次の記事へ続く
スポンサーサイト
未分類 TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。